発毛の仕組みを理解する|女性の薄毛はクリニックで改善|新しいあなたになれる
メンズ

女性の薄毛はクリニックで改善|新しいあなたになれる

発毛の仕組みを理解する

櫛を持つレディー

髪の毛が抜けると抜けた毛根から新しく髪が生えてくるので薄くならずに一定の量を保つことができます。しかし、その発毛のサイクルが乱れてしまうと髪の毛のボリュームがなくなってしまうのです。抜け毛を防ぐことは出来ません。どんな人でも毎日100本前後は抜けています。男性に比べて女性の方が髪の毛の寿命が長いですから、自ずと髪の毛の成長期も長くなります。成長期が終わると髪の毛が抜け始める退行期に突入するのです。そして毛根を休める休止期を経てからまた成長期へと戻ります。このサイクルが乱れると女性でも薄毛になることがありますから頭皮のケアは普段から行っておきましょう。抜け毛が増えてきたと感じたら育毛系の商品を取り入れてみてください。

女性特有の薄毛として分娩後脱毛症があります。出産後に抜け毛が増加して髪の毛が極端に薄くなるということを経験する女性も少なくないでしょう。これはホルモンバランスが関係しているのです。妊娠中は女性ホルモンが活性化しますから発毛のサイクルが一時的に変化します。妊娠中は女性ホルモンの一種でもあるエストロゲンの働きによって髪の毛の成長を維持することができます。しかし、出産後は発毛のサイクルが一気に休止期に入ってしまいますから、今まで成長を維持し続けてきた髪の毛が同時に抜けてしまうのです。これによって一時的に抜け毛が増加するという現象に見舞われることがあります。育毛剤や発毛剤を使用すれば早い段階で髪の毛のサイクルが正常に戻るでしょう。